小橋工業株式会社

「SPEED HARROW SONIC(スピードハローソニック)」発売のお知らせ

~KOBASHI史上最速*¹のスピードとロータリの砕土性*²を同時に実現~

 小橋工業株式会社(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:小橋正次郎、以下「当社」)は、2021年8月、当社最速の耕うんスピードとロータリ同等の砕土性を実現した「SPEED HARROW SONIC(スピードハローソニック)」を発売します。

 

SPEED HARROW SONIC(SHV320)


【開発の背景・狙い】
 国内就農人口の減少および高齢化、経営効率化のための農地集積などにより営農規模の拡大が進んでおり、担い手農家は作業効率化や省力化などの課題を抱えています。
 当社はこれまで、農家の課題を解決すべく開発を重ね、製品ラインナップを拡充してきました。この度、当社最速の耕うんスピードで、ロータリ同等レベルの砕土性能を持ち、かつタイヤ跡のない均平な仕上がりを可能にした「スピードハロー ソニック」を開発し、大規模畑作農家の負担軽減および作業効率改善を実現します。

 

【スピードハローソニックの特徴】
① 最高作業速度10km/hを実現:機体前面に配置されたディスクで、最初に土壌を耕すことで、耕うんに必要な爪本数を削減。耕うん負荷を軽減させることで、作業の高速化を実現しました。

 

② タイヤ跡のない均平な仕上がり:ディスクをタイヤ両サイドに配置することで、浅耕作業ならびに高速作業時に発生していたタイヤ跡などの問題を解消し、均平な仕上がりを実現しました。

 

③ ロータリと同等の砕土性能:ディスクと爪で耕うんすることで、高速作業でもロータリ同等の砕土性能を実現しました。

 

【製品概要】
製品名:「SPEED HARROW SONIC(スピードハローソニック)」SHV320
発売時期:2021年8月
製品価格:3,520,000円(税込)

*1最高作業速度10km/h、北海道実作業実績(2019年4月:八雲町_デントコーン収穫後の残渣処理_耕深7~8cm/2019年5月:音更町_ビート移植床造成_耕深14cm/2019年5月:安平町_スイートコーン播種床造成_耕深10cm/2021年4月:清里町_ビート移植床造成_耕深15cm)
*2 当社KRZ300J-2L(ロータリ)+EKR-RE33(カゴローラ)との比較実験の実測値結果(2019年7月)

 

 

【お問い合わせ先】

小橋工業株式会社 広報部 宮下 TEL : 086-298-3111

 Email : press@kobashiindustries.com