小橋工業株式会社

岡山県内の工場初*¹ 工場の使用電力を100%再生エネルギー化

~電力由来のCO2排出量をゼロにし、脱炭素社会の実現を目指す~

 小橋工業株式会社(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:小橋正次郎、以下「当社」)は、2021年9月1日より、工場の使用電力をすべて再生可能エネルギーに切り替えました。岡山県の工場で初めてとなる取り組みで、企業として社会的責任を果たし、脱炭素社会の実現を目指します。

 当社は、「地球を耕す」というKOBASHIグループの理念のもと、より豊かな人々の生活および地球を次世代に残すため、地球規模の課題解決に取り組み、新しい未来を切り拓く挑戦を重ねています。世界的に異常気象が増加し、自然災害が深刻化するなか、二酸化炭素の削減は最優先に取り組むべき課題の1つであると考えています。

 このたび、脱炭素社会の実現に向けた取り組みとして、9月1日から工場の使用電力をバイオマス発電、太陽光発電や水力発電などを活用した再生可能エネルギーへ切り替えました。工場の年間使用電力のすべてを再生可能エネルギーに切り替えることで、電力由来のCO2排出量がゼロになり、全体として60%の削減が可能になります。

 また、2021年10月1日よりオフィスエリアも100%再生可能エネルギーへ切り替えます。これにより、岡山本社で使用する使用電力はすべて再生エネルギーとなります。コスト面では現状より割高になりますが、企業として社会的責任を果たし、環境負荷の少ないサステナブルなものづくりの実現を目指します。

 当社は、引き続き豊かな地球を守るべく環境的・社会的課題の解決に挑戦し、SDGs(持続可能な開発目標)へ積極的に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

*¹ ESP総研調べ(2021年9月)

 

 

【お問い合わせ先】

KOBASHI HOLDINGS株式会社 広報担当 宮下 TEL : 086-298-3111

 Email : press@kobashiindustries.com